家を建てたい!注文住宅と建売住宅ならどっち?

家の購入を検討する際、私たちがまず最初に悩んだのは、「注文住宅にするのか、建売住宅にするのか」というところでした。まず、注文住宅と建売住宅の違いについてご説明します。

【注文住宅とは】
注文住宅とは、建物の構造、間取り、設備、内装などを自分の希望通りに設計してもらえる住宅のことです。「施主」として全ての過程をチェックすることができ、文字どおり「理想の住まい」を実現することができます。
しかし、設計や見積もりにかかる時間が建売住宅よりも多くなり、着手してから完成するまでに時間がかかります。また、メーカーによって金額が大きく異なることも特徴で、注文住宅を検討する場合には様々なメーカーを比較検討する必要があります。
それから、土地を先に購入する場合、ローンの問題もあります。住宅ローンは建物が完成するまで融資が実行されません。そのため、「つなぎ融資」もしくは「土地先行融資」などを選択する必要があります。不安な方は、住宅ローンに詳しい不動産屋さんに依頼した方がいいかもしれません。
【自由設計住宅とは】
注文住宅の中に、「自由設計住宅」というものもあります。これは、建売住宅と注文住宅の間という感じで、ある程度枠組みがある中から、動線や間取りなどを選択することができるものです。
ただ、「自由設計住宅」には正確な定義がないため、メーカーによって意味合いが少しずつ異なります。自由設計住宅のいいところは、完全注文住宅よりも価格を抑えて、自分の気に入った間取りで設計してもらえるという点です。
【建売住宅とは】
建売住宅とは、すでに出来上がっている家を購入するものです。すでに出来上がっているものなので、建っている土地と一緒に購入することになります。
注文住宅より購入手続きが簡単で、時間もかかりませんし、価格も比較的安価に購入できます。一部、オプションで設備を変更することができることもありますが、基本的に自分で間取りなどを選ぶことができない点と、ほとんどの建売住宅が隣の家との距離が近くなるのでそこがデメリットと言えます。
また、工事の様子を見ることができないので、地盤や基礎などを自分で確認することはできません。何軒か連なる形で建てられ、まとめて売られることが多いので、近隣の住宅と似通った画一的な住宅になります。
【おすすめは注文住宅】
「理想の住まい」を手に入れたい、と考えるなら、注文住宅がおすすめです。完成までに少し時間は要してしまいますが、これから何十年も暮らしていくことを考えると、間取りや設備は自分で選んだ方が後悔せずに済みます。
一般的には注文住宅の方が建売住宅よりも金額が高くなってしまいますが、注文住宅にもいくつか種類がありますし、取り扱っているメーカーによっては手の届く価格で提供しているところもあります。
または、造りそのものをシンプルにしたり、室内の塗装は自分たちで行なったりすることでコストを下げることも可能です。反対に、とことんこだわっていけば価格も上がっていきます。一口に注文住宅と言っても、様々な販売、プランなどがあるので、次はそれをご紹介します。

注文住宅にも種類がある?それぞれの特徴を紹介!

注文住宅にもさまざまな種類があります。メーカーによっても異なりますが、大きな違いは、価格、そして自由度です。

【定額制】
定額制住宅、というものをご存知でしょうか?私は正直、調べるまで知りませんでした。
定額制住宅、もしくは定額制注文住宅と呼ばれているようで、間取りなどを自由に設計できるのは注文住宅と同じですが、坪数によって金額が定められているところが違います。定額制なので、「コンセントを増やしたら見積額が上がった」とか、「希望を伝えたらほとんどがオプション扱いで、最初の見積もりから何百万円も高くなってしまった」ということになりません。
もちろん、坪数を増やす場合には価格が上がりますが、1坪いくら、と最初に提示してもらえるので安心です。建物の金額以外に、付帯工事費が別途発生するのが一般的です。定額制住宅の場合、オーダーの自由度はメーカーによって異なります。
【イージーオーダー】
イージーオーダーでは、厳選された選択肢の中から間取りなどを選択して設計してもらうことになります。選択肢が多すぎると選べない、という方も安心。建物のサイズや土地の状態などに合わせていくつかのパターンの間取りを提示してもらいその中から選ぶことができます。
「なんとなくのイメージは湧いているけど、自分では具体的に想像ができない」とか、「自分にはそういうセンスがないから…」という場合でも、プロが設計した中から選ぶだけなら簡単です。また、ある程度選択肢が決まっているので、フルオーダーの注文住宅より比較的安価に、そして短期間で仕上げてもらうことが可能です。「企画住宅」、「規格住宅」という呼び方をされることもあります。
【セミオーダー】
イージーオーダーとフルオーダーの中間にあるのが、セミオーダーです。ある程度決まったパターンの中から、建具や床、カーテンなどのインテリアをセミオーダーする形です。
イージーオーダーより自由度が上がるので、よほど大きなこだわりがなければセミオーダーで満足のいく住まいを実現できる人が多いそうです。断熱材などはメーカーが決めていることが多く、全てにこだわりたい場合はフルオーダーを選択する必要があります。
【フルオーダー】
フルオーダーは、全てを自分たちで決めていく方式です。「完全注文住宅」とも呼ばれます。メーカーにもよりますが、外観、設備、間取り、構造、全てを自分たちで選ぶことができます。
譲れないこだわりが多い場合は、フルオーダーを選ぶのがおすすめです。ただ、イージーオーダー、セミオーダーと比較して値段が高くなること、そして打ち合わせ期間が長期になるのでそこに余裕が持てないと難しいかもしれません。

家をオトクに建てられる!?助成金制度を知っておこう

【国からの補助金・助成制度】

●すまい給付金
10万円から、最大50万円の給付金を受け取れます。
●次世代住宅ポイント
次世代住宅ポイント制度は、①一定の省エネ性、②耐震性、③バリアフリー性能などを満たす住宅の新築購入、リフォーム時にポイントがもらえる制度です。①〜③全てを満たした場合で、30万から35万ポイントがもらえます。ポイントは、商品と交換できます。
●ZEH補助金
ZEH(ゼッチ)とは、ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、省エネだけでなく、太陽光発電などで創エネして、エネルギー収支を0円にできる住宅のことです。条件によって給付金の額が変動します。
●エネファーム補助金
導入するエネファームの種類によって補助金の金額が変わります。支給される最大金額は8万円です。
●地域型住宅グリーン化事業
これは事業者が申請するもので、最大110万円の補助金が支給されます。

【県からの補助金・助成制度】

●住宅取得時の不動産取得税の軽減
取得した日から60日以内に管轄する地方局に申請すると減税されます。控除額は1,200万円ですが、住宅の価格がそれ以下の場合はその額となります。
●地域材利用木造住宅利子補給制度
愛媛県では、県内で生産される木材を規定以上利用する住宅の場合、最長5年間、利子補給を受けることができます。

【市からの補助金・助成制度(松山市・今治市)】

<松山市>
●太陽光発電システム設置補助金(ZEH上乗せ)
太陽光発電を設置する場合に補助金が支給される制度です。最大44万円が支給されます。
●クリーンエネルギー等導入促進補助金交付事業
こちらも太陽光発電を設置した場合に受けられる補助金交付事業で、最大10万円が支給されます。
●雨水利用促進助成制度
新築の住宅にやリフォーム時など、雨水タンクを設置する場合に補助金を受け取ることができます。助成金は3万円から25万円です。
<今治市>
●住宅用新エネルギー等関連設備設置費補助金
①太陽光発電システム、②蓄電池、③ZEHを導入する場合に補助金を受け取れます。金額はそれぞれ、①②設置費用の10分の1(上限20万円)、③60万円(定額)となっています。
●移住促進事業
諸条件はありますが、基本的には市外から今治市に新築の住宅を購入して転入してくる場合に受けられる補助制度です。上限額は50万円で、基礎額が30万円、同居する中学生以下の子供1人につき10万円が受け取れます。
国、県、市からの補助金や助成金については、条件がさまざまで、併用できるものとできないものがあるのでどれを利用するのが一番合っているのか、よく比較して検討してみてください。 また、住宅購入者が申請するもの、事業者が申請するもの、予算に限りがあって先着順のものなどがあります。住宅の購入を検討し始めたら、早めに動くようにしましょう。

良い家造りは注文住宅メーカーの選び方から!選ぶポイントは?

家は、ほとんどの方が一生に一度しか購入しないので、どういう基準でメーカーを選べばいいのかわからないという方も多いと思います。そこで、選ぶ際のチェックポイントをご紹介します。

【構造や工法】
家を購入するとき、どうしても外観や間取りなどを先に考えてしまいがちですが、構造や工法も重視して選択するのがいいと思います。 メーカーによって扱っている構造、工法が違ったり、得意不得意があったりします。いくつか、日本でよく使われている構造、工法をご紹介します。
木造:日本の風土に合っていることから、日本の一戸建ては約8割が木造建築と言われています。木に火は弱いというイメージもあるかと思いますが、防火性能の高い素材を選ぶことで、木造でも防火性を高めることができます。また、シロアリに弱いイメージもあるかもしれませんが、家の基礎が「布基礎」ではなく、「ベタ基礎」であればシロアリの被害はほとんど起こらないようなので、大丈夫です。
在来工法(木造軸組工法):日本で古くから用いられてきた工法を簡略化したもので、主に、柱や梁で家を支えます。点と点を結ぶように柱や梁の位置を決めるので、設計自由度が比較的高めです。「もう少しリビングを広げたい」とか、「階段の下に収納を作りたい」、「窓を大きくしたい」という希望が通りやすい工法です。また、改築もしやすいので、将来的にリフォームする可能性がある方にもおすすめです。
2×4(ツーバイフォー)工法:2×4工法は戦後に北米から輸入された工法です。パネルと角材を用いて壁、床、天井の面を作ります。柱ではなく、面で家を構成するので、比較的、耐震性が高くなります。 2×4工法は2インチ×4インチのパネルを使用します。パネルのサイズによって、2×6(ツーバイシックス)工法などもあります。2×4工法は戦後に北米から輸入された工法です。 パネルと角材を用いて壁、床、天井の面を作ります。柱ではなく、面で家を構成するので、比較的、耐震性が高くなります。2×4工法は2インチ×4インチのパネルを使用します。パネルのサイズによって、2×6(ツーバイシックス)工法などもあります。
鉄骨造 鉄骨系プレハブ工法(軽量鉄骨造):災害時の仮設住宅や車庫などにもよく用いられている工法で、工場生産の部材を現場で組み立てるので工期が短く、品質も安定しています。しかし、工場生産によるコストダウンや工期短縮のメリットを受けられる代わりに、間取りの自由度がほとんどありません。 また、リフォームや増改築をする場合、同じメーカーに依頼するしかないケースが多いです。
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造):ラーメンはドイツ語で「額縁」という意味です。木造の在来工法のように柱と梁で構成されるため、間取りの自由度が高めです。低層住宅から、高層建築物まで広く対応できます。
壁式構造:2×4工法のように面で建物を支える工法です。間取りの自由度、リフォームのしやすさは落ちますが、耐久性は高くなります。低層の建物にのみ採用されます。これらの構造・工法の中から予算や間取りの希望、土地の風土や好みに応じて選択する必要があります。 2×4工法のように面で建物を支える工法です。間取りの自由度、リフォームのしやすさは落ちますが、耐久性は高くなります。低層の建物にのみ採用されます。

これらの構造・工法の中から予算や間取りの希望、土地の風土や好みに応じて選択する必要があります。

【デザインや設備】
家は、購入したら終わりではありません。これからの人生で、「どういう暮らしをしていきたいか」をイメージして、デザインや設備を選ぶのが大切です。例えば、外観を和モダンにしたい、洋風にしたい、シンプルにしたいなど、最初はぼんやりとしたイメージでもいいので、どういう住まいにしたいのかを想像してみてください。 また、設備についてはこれからの生活様式がどうなっていくのかを考えるのが重要です。例えば、これからネット通販の需要が増えていくと思われるので、宅配ボックスを設置できるかどうか。ガソリン自動車が生産されなくなるかもしれないので、電気自動車に対応できるかどうか。 そういった設備は「今」必要なものだけでなく、「これから」必要になってくるだろうものも含めて検討するのをおすすめします。
【価格】
価格は、「安かろう悪かろう」でも、「安ければ安いだけいい」でもありません。 まず、価格が明瞭かどうかが大切です。 最初に提示された金額は予算内だったのに、希望を伝えていくうちに「有料オプション」が追加されていって、予算をオーバーしてしまった…なんて話はよく聞きますよね。 住宅ローンに関しても、メーカーの営業担当者は、こちらが借りられるめいっぱいの金額を提示してくることも珍しくありません。でも、それでは何かあった時に生活が立ち行かなくなります。 ローンは、「借りられるだけ借りる」のではなく、「無理なく返済できる分だけ借りる」ようにしましょう。 そして、その予算の中で納得のいく価格の家であるかどうかを、比較検討する必要があります。 こだわりたい部分、妥協できる部分を自分で線引きしておくと決めやすくなります。
【スタッフの対応】
住宅の相談をする営業担当者との相性も、一つの判断材料になることがあります。 たまたま最初に営業してくれた人が、そのまま自分たちの営業担当者になることがほとんどです。 ずっと打ち合わせなどをしていく相手なので、仕事ができるできないだけでなく、話を聞いてくれない、住宅はいいんだけど担当者とどうしても波長が合わないという場合、早めに上の人に相談するのも手です。 社員教育のしっかりしている会社なら、対応してもらえると思います。 その場合は、「なんとなく嫌だ」ではなく、どうして嫌なのかを具体的に伝えるようにしてください。
【アフターメンテナンスなどのフォロー体制】
アフターメンテナンスなどのフォロー体制、保証内容も、メーカーによって異なります。保証は無償のもの、有償のもの、短期間のもの、長期間まで有償で延長できるものなどがあります。