桧家住宅の口コミや評判

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/03/09

【詳細】
会社名:株式会社 桧家住宅 愛媛
住所:愛媛県松山市鴨川二丁目17-31
TEL:089-978-7750

桧家住宅は、住む人が快適に過ごせる家づくりを心がけており、また地球と家計にやさしい家を建てることを目指しています。桧家住宅の家は高気密で高断熱になっており、業界トップクラスの気密性能を誇っているのです。日常生活を快適に過ごせるでしょう。今回の記事では、桧家住宅の特徴や気密性能などについて紹介するため、参考にしてください。

住む人が快適に過ごせる家づくり

桧家住宅の家は、夏は涼しく、冬はあたたかくするために高気密で高断熱の家になっています。高気密で高断熱を実現するために、性能が高い断熱材を使用して隙間ができにくい状態にしており、1年中快適な室内環境を維持できるのです。使用している断熱材は水で膨らみ99%が空気でできた断熱材で、使用すると日常生活を快適に過ごせるのではないでしょうか。

また、高気密で高断熱の家になっていると定期的に換気ができるようになり、アレルギーの原因となるハウスダストや花粉を排除しやすいようです。そのため、ハウスダストや花粉に悩まされている人でも、快適に過ごしやすいのではないでしょうか。

また、夏に熱くなりやすい屋根裏を屋根で断熱して、断熱材の表面にアルミ蒸着をしたスペーサーが、家を太陽光の赤外線から守ってくれるため、内部への熱の侵入を防いでくれます。家の基礎の断熱が外気を取り入れないようになっており、冬でも床下の温度が室温と同じになるため、1階にいても快適に過ごせるでしょう。なお、床下と室内の湿度が変わらないため、湿度の高い時期でも床下が結露しにくくなっています

地球と家計にやさしい家が建てられる

桧家住宅の家は、夏は涼しく、冬はあたたかく快適に過ごせるため、冷暖房の使用をおさえることができます。冷暖房の使用頻度が少ないと電気料金が安く済み、またオール電化を活用するとさらに電気料金を安くできるでしょう。

コンロをIHクッキングヒーターにすると電力量料金が3%の割引になり、またオール電化にすると電力量料金が5%の割引が適用されます。毎月の電気料金が安くなるため、家を建てるときはオール電化にすることが肝心です。さらに、エコキュートを活用すると、給湯するときのコストが減り、またお湯を沸かすときは、深夜電力を利用すると電気料金が安くなります。

また、桧家住宅の木造の家は、鉄骨やコンクリートの家と比べるとCO2の排出量が少ない点が特徴的です。近年、CO2の問題が騒がれていますが、家を建てるときに木造の家を選んだ場合、鉄骨やコンクリートの家と比べると、排出するCO2の排出量が少なくて済みます。そのため、桧家住宅の木造の家は地球の環境にやさしい家になるのです。

業界トップクラスの気密性能を誇る家

桧家住宅の家は、高気密で高断熱に遮熱が加わったWバリア工法になっており、快適に過ごせます。また、気密性能の基準として住宅型式性能認定で用いられるC値の基準値を7倍の値でクリアしており、業界トップクラスの気密性能を誇っているようです。

桧家住宅は、高気密で高断熱にするために、水の力で膨らむ断熱材を使用しています。断熱材の特徴は、「気密性」「断熱性」「吸音性」に優れていることです。また、使用している断熱材は、家を建てるときに柱や梁に密着して施工できるため、気密性を上げることができます。

気密性が上がると、外からの暑さや寒さを遮断して、家中の部屋の室温が同じ程度の温度に保てるようです。そのため、部屋の室温が快適な温度だと冷暖房の使用をおさえることができて、電気料金の節約にもつながります。その他に断熱材を使用すると、結露を防ぐことができて家の耐久性や衛生面がよくなるでしょう。

また、気密性能と断熱性能を上げるために、断熱材の他に、断熱樹脂サッシを使用しています。断熱樹脂サッシの特徴は、熱伝導率が低い樹脂と複層のガラスを組み合わせることで、通常のアルミサッシと比べると約3倍の断熱効果があることです。断熱樹脂サッシは、「防音性」「水密性」「気密性」に優れたサッシです。

また、枠と障子をアルミと樹脂を合わせることにより、インテリアとしても機能します。樹脂サッシを使うことで、部屋のインテリアに合わせやすくなるのです。

 

この記事では、桧家住宅の特徴や気密性能などについて詳しく紹介しました。桧家住宅の家は、高気密で高断熱の家になっているため、夏は涼しく、冬はあたたかくなり、日常生活を快適に過ごすことができます。なお、高気密で高断熱の家にするために、性能が高い断熱材や断熱樹脂サッシなどを使用しているようです。その結果として、夏や冬に冷暖房の使用をおさえることができて、電気料金を安く済ませることが可能でしょう。

また、桧家住宅の木造の家は、鉄骨やコンクリートの家と比べると、CO2の排出量が少ないため、地球の環境にやさしい家になっています。家を建てるときは、高気密で高断熱のことや環境に配慮した家を選ぶと、日常生活を快適に過ごすことができて、地球と家計にやさしい家になるでしょう。

おすすめ関連記事